銀座カラーでは日焼けやほくろがあると脱毛できない?

銀座カラー 評判が良かったため、銀座カラーで脱毛を行おうと、様々なことを調べていると、日焼けやほくろについて様々な記事が出てきます。なんと、日焼けやほくろがあると脱毛できないというのです。果たしてこれは本当のことなのでしょうか。

■日焼けをする人は脱毛NG

結論から言ってしまえば、日焼けをしている人は脱毛を行うことができません。これはなぜなのかというと、日焼けをしていると火傷をしてしまうためです。

銀座カラーでは光脱毛という形式で脱毛を行っていますが、この光脱毛の際に使う機械は、黒い色素に反応して毛根にダメージを与える光を照射します。機械が自動判定で黒い部分に向かって光を照射しているため、肌があまりにも黒すぎると、毛根ではなく肌に向かって光が照射されてしまい、火傷をしてしまうというわけです。

当然、そうなればお客さんは痛い思いをすることになりますし、脱毛効果も得ることができません。そのため、このようなことはトラブルの元になりやすいのです。

また、日焼けをしていなくても、カウンセリングの際に日焼けをする予定があると答えた場合は、サロンから断られることがあります。これはどのサロンでも同じですので、脱毛を行う人は、日焼けをしないと決めてからサロンに行くようにしましょう。

■ほくろがあっても脱毛可能

日焼けはNGなのですが、ほくろに関しては、脱毛部位に存在したとしても脱毛ができないということはありません。確かにほくろも黒い色素ですので、そのまま光を照射すれば、ほくろに光が照射され火傷してしまうのですが、サロン側がしっかりと対策をしてくれます。

銀座カラーではどれだけほくろが多かったとしても、ほくろに保護シールなどを貼って、施術を行います。保護シールでほくろを隠すだけで、光は照射されなくなるので安心です。
他のサロンだとほくろがあまりにも多い人は断られてしまうこともあるため、そのような場合は、銀座カラーで相談してみてください。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。日焼けはNG、ほくろはOK、という結果でした。とはいえ、日焼けしている方でも、場合によっては受けられることもあります。一度相談してみてください。